視力低下の原因と対策 - 田中謹也の視力回復【アイ・トレーニング・コンプリートキット】

サイトマップ

田中謹也の視力回復アイ・トレーニング・コンプリートキット。1日たった13分のトレーニングで視力0.3から1.2まで回復させる方法を公開。

視力低下の原因と対策 - 田中謹也アイ・トレーニング

しかし、なぜ子供の視力が下がったのか?その当たり前すぎて気付かなかった原因・二つの落とし穴。それは・・

A子さんと同じようなケースを見ていくうちに「あること」に気付きました。

なぜ、A子さんのお子さまのように、どんどん視力が落ちていく子供さんと、全く視力が落ちない子供さんがいるのか?

視力のいい人と、どんどん視力が低下する人との違いのほとんどは、視力回復に関して間違った知識を仕入れたり、的外れな思い込みから生じているです。

9年前のオープン以来、私が今まで指導してきた人たちを陥れたのはたった2つの落とし穴。

それは…

画像7

視力1.0未満のお子さまが、急増しています!!

生活様式が変化し、テレビゲームやパソコン、マンガ、携帯メール などがあふれる昨今、「近くのものを凝視し続ける」その生活習慣が近視や視力低下の原因になっているのです。

事実、2010年度の学校保健統計調査で公示された「視力1.0未満」の割合は、小学生全体の29.91%、中学生52.73%、高校生では55.64%にものぼるそうです。

「近視は遺伝」と決め付けていませんか?

近くのものを凝視し続ける生活環境や習慣が近視の直接的な原因であり、遺伝が原因ではないのです。

なぜ、近くのものを凝視すると近眼になるのか?

それは、眼は近くのものを見るとき、毛様体筋というピントあわせにかかわる目の筋肉を収縮させて水晶体というレンズを分厚くし、近くてピントを合わせているからなのです。

例えば、30分以上集中してゲームを続けたり、テレビやパソコンの画面などを長時間見続けたりすると、その毛様体筋という筋肉が収縮して固くなります。

同じ姿勢を続けていると、肩の筋肉が凝り固まる「肩コリ」に似たようなものだと思えば、解りやすいのかもしれません。

この状態に陥ると、遠くのものにを見ても毛様体筋は近くにピントがあったまま動かなくなっているので、遠くの方にピントが合わないのです。それが慢性化し、そのコリが増大してくると、視力が徐々に低下していくのです。

近視とは、遠くのものにピントが合わせられなくなる目の状態のことです。

ですから、近視が進むとそのうちに失明する、ということはありません。

画像8

ご自身の目がいい親御さんは、「自分に似て、この子の目もきっと大丈夫だろう・・・」

お子さんの目のことに全く無頓着だったはずです。

しかし、その1でも説明しましたが、PCや携帯、ゲームなどが発達した現代は、私たちのころの生活環境とは全く異なっているのです。特に携帯型ゲーム機は、近視のお子さまを次々と生み出す製造機…

と言っても過言ではないほどの、危険性を持っています。

例え、今の視力が1.5 〜2.0のお子さまだとしても、小さい画面を凝視し続ける携帯型のゲーム機で遊ぶことが主流になっている現代では、上記の理由から、誰もが例外なく近視なってしまうのは当然です。

ご自身の視力がいいので、「この子の目もきっと大丈夫だろう…」そう思っていた矢先に突然、お子さまが学校から検眼通知書をもらってきて、ショックを受けるお母さん方を、私はたくさん見てきました。

よくご両親は、「眼が悪くなり慌ててゲームを禁止した。30分以上やらせないようにしている」と言われます。

しかし、プロの私から言わせてもらうと、視力が一度下がってしまった時点で手遅れなのです。たとえゲームをやめたとしても、それ以上の視力低下の予防はできたとしても、ゲームをやめることで視力が回復することはほとんどあり得ません。

 

このような間違った知識や思い込みはほんの一部にしか過ぎませんが、もし、今までお伝えしてきた方法のうち、どれかひとつでも思い当たるのであれば、あなたの視力回復法は完全に間違っている、と言ってもいいでしょう。

「ブルーベリーは目に良い=視力が回復する」は間違い!その理由は?

ブルーベリーの皮の中に含まれる「アントシアニン」という物質が目にいいと言われており、テレビの情報番組やテレビショッピングでは、ブルーベリーサプリを飲んで視力があがった…

そういった視力検査の場面を見せてPRしていますが、「眼にいい=視力が回復する」ではないのです。

ブルーベリーを摂取すれば視力が回復するわけではありません。

実は、これは栄養不足で視力低下した分だけ、サプリで補うことによって一時的に視力が戻った…という程度の話なのです。仮によくなったとしても、せいぜい0.1か0.2程度でしょう。

この事実からもお分かりのように、視力回復を期待してブルーベリーのサプリを飲み続けたとしても、劇的な視力回復は難しいと思います。

今のネット社会においては、さまざまな情報が大量に流れておりますが、その情報全てが正しい訳ではないのです。間違った情報を信じたばかりに、取り返しのつかないことになるケースも数多くあります。

お子さまの"目"は一生の宝です。

しっかりとした実績のある正しい方法を実行しない限り、後悔するのはあなたと、あなたの大切なお子さまなのです。

では眼科に相談したり、ネット上に良くある視力回復法を試せば、問題は解決するのでしょうか?

そこで、この問題についても一緒に考えてみましょう。

ご存知でしたか?眼科で処方される目薬(ミドリン)は「近視を治すための目薬」ではない、ということを・・

視力が低下したら、まず誰もが何の疑いもなく、眼科を受診されると思います。

眼科はもちろん、目の病気を治す、専門の医療機関ですが・・・視力回復センターではないので、視力を回復することが目的ではないのです。あくまでも、結膜炎、白内障、緑内障などの"眼の病気"を治すところなのです。

そしてもう一つは、子供の近視は病気ではないということです。

そのため、眼科医のほとんどの先生はレーシックという視力回復手術以外の方法で「近視を治す」ということを考えていません。

「トレーニングによる視力回復方法」自体が認められていないのです。

近視で眼科を受診すると、「ミドリン」「サンドール」といった「近視治療」と称した目薬を処方されますが、この目薬は眼の瞳孔を開く散瞳薬であって、近視を治すための目薬ではないのです。

この目薬を点眼するとその名前の通り瞳孔が開きます。もし昼間に使用すると、まぶしくて眼を開けていることができません。「夜寝る前にだけ使用してください」、と言われる所以です。

近視を治す目薬ではなく、瞳孔を開く目薬なので、視力が良くなるのだと思い込んで一生懸命点眼していても近視は治りません。点眼すればするほど、ピント調節能力は落ちて、見にくくなります。

嘘だと思ったら是非、一度試しに親御さんが点眼してみてください。私の言葉がまぎれもない事実だということを実感として理解いただけると思います。

さらには、「ワック」という機械を使った"トレーニング"を受けるように勧められた経験があるのではないでしょうか?

しかし残念ながら、当店には目薬を点眼しながらワックを2か月間通って駄目だったという方が、数えられないほど入会されている現実があります。

眼科だけではありません…

ちまたのウワサや他人の体験談を頼りにした視力回復法もしかりです・・

ノウハウというのは、どんなタイプの人が取り組んでもそれ相応の結果が得られるものであり、実績のある、効果実証済みのトレーニングを実践した方が、視力回復に成功する確率が高くなります。

しかし、「○○ちゃんがこれでよくなったから」という安易な理由で、ある特定の人が視力回復に成功した方法を試してみたところで視力回復効果は期待できるとは限りません。

なぜなら、それはあくまでも他人の体験談であって、あなたのお子さまの目の状態も全く同じとは限らないため、同様の効果を得ることができるという保障は全くないからです。

いいですか?重要なので繰り返します。

ただ他人の体験談をノウハウにしたような視力回復法を試せば誰でも視力がアップする、というものではないのです。

視力回復法とは誰にでも効果がなくてはなりませんし、そして、誰にでも実行できるもの でなくてはいけません。これが視力回復のプロとしての私の持論です。

そして、様々な試行錯誤の上、たどり着いた答えを形にしたのが今からご紹介する『アイ・トレーニング コンプリートパック』なのです・・


>> アイ・トレーニング・コンプリートキットの詳細はこちらをクリック!

アイ・トレーニング・コンプリートキット - 価格キャッシュバック
視力回復した人達の画像